Sponsored Links

2016年のリオ・デ・ジャネイロ五輪での活躍が記憶に新しい元新体操選手の畠山愛理さん。

五輪開催当時から美女アスリートとして注目されていましたが、以前と目が変わったとの噂があるそうです!メイクか、はたまた整形なのか⁈

すでに現役を引退されており、今春には大学も卒業されたそうですが、今後の活動予定はどうなっているんでしょうか?

今回は、その畠山愛理さんについて掘り下げてみました!

Sponsored Links

畠山愛理さん プロフィール

名 前 : 畠山 愛理(はたけやま あいり)
生年月日 : 1994年8月16日(22歳)
出身地 : 東京都多摩市
身 長 : 170cm
体 重 : 49kg
血液型 : O型
家族構成 : 父、母、兄二人
出身校 : 大原学園高校、日本女子体育大学
所 属 : 東京ジュニア新体操クラブ、株式会社スポーツバックス

6歳で新体操を始め、2009年15歳の時にフェアリージャパンPOLA(新体操日本ナショナル団体チーム)オーディションに合格。翌年、日本代表に選出。

2011年、2012年世界新体操選手権代表(団体)。2012年ロンドンオリンピック代表(新体操団体)。2016年リオオリンピック代表(新体操団体、決勝8位)。

新体操選手としての経歴も素晴らしい畠山さんですが、「美しすぎるアスリート」として以前から注目を集めていました。

アスリートとして培われた、細いだけではない均整のとれた美しいプロポーション。長身で手足も長く、顔がちっさ!

そんな隙の無いいでたちとはギャップのあるアイドル顔負けのキューティーフェイス!

もーカンペキじゃないですか!!

2015年にはミス日本特別栄誉賞を受賞しています。

そこで、美人有名人あるあるの、あの噂がちらほら…

Sponsored Links

以前と目が違う⁈整形疑惑を調査!

やっぱりきましたよー、整形疑惑。美人にはつきものの噂のひとつですよね。

実際はどーなの⁈ということで、見比べてみましょー!

現在の畠山愛理さん

現在の写真は、確実に二重ですね。おキレーですのぅ。

では、以前の画像と比べてみると…

中学生時代

むむむ・・・一重のような、奥二重のような。確かに二重が見えない感じですね。

でも、子供の頃に一重や奥二重だった人が大人になるにつれて二重に変化することもよくある話です。

余計なお世話ながらアゴや鼻もチェックして見ると・・・変化は見られませんね!

この方、調べていくと写真によってくっきり二重の時もあれば、薄いラインしか見えない時もあるんですよね。

そりゃあ、人間ですもの、顔の調子、ひいては二重の調子がいい時と悪い時って、ありますよねー。えぇ、あります、あります(体験談)。

そう考えると、こんなに危うい二重(?)をわざわざ整形で作るかっていう話ですよ。

整形ならば、いつでもくっきり!っていう風にすると思うんですけど・・・

わたくし管理人の独断と偏見からすると、自然発生的な二重な気がします!

なにはともあれ、お綺麗!

今後の活動は?

リオ五輪終了後に引退表明をされ、今春に大学も卒業。

今後の動向が注目されていましたが、なんと、スポーツキャスターとして活動するというニュースが!

2020年の東京オリンピックを見据えてのことだそうですが、これだけ注目された選手であれば、メディアでの活動は当然の流れと言っていいかも知れませんね。

キャスターの他にも、執筆活動やモデルとして活動する意向も示しているそうです。

といっても、新体操の世界から完全に足を洗うわけではなく、次世代の育成や普及などの活動も行なっていくそうで、新体操ファンには嬉しい情報ではないでしょうか♪

今後、マルチな活躍をしていく畠山さんに期待したいですね!

Sponsored Links